img_01

医療脱毛のレーザー治療について

脱毛を考えている方は医療脱毛のレーザー治療が気になっている方も多いと思います。

体毛が気になっている方はまず医療脱毛に行く前に毛周期について理解しておいた方が良いでしょう。
毛周期というのは簡単な言葉で言えば体毛が生まれ変わるそのサイクルのことを言います。

そしてその毛周期には大きく分けると三つの周期があって、毛が全然生えてこないときは休止期、毛が生えて始めたときを成長期(前期)、毛が生えて揃ったときを成長期(後期)、毛が抜け落ちるときを退行期と言います。

例えばレーザー脱毛をする時はこの休止期と退行期と言われる部分の毛に対しては行っても効果が出ないと言われています。

レーザー脱毛の治療を受けて最も効果が出る時は毛が生えて揃ったときを成長期(後期)でしっかりと効果が発揮できます。


レーザー脱毛は毛が太くて濃い人ほど効果を発揮しやすいです。


ただ、人間の体毛というのはこういった色々な成長過程の毛が入り混じっているので、照射をしたときに効果が出るものは成長期の後期のものだけに限られます。

間隔をあけて照射する理由は前回は毛が伸びきっていなかった成長期(前期)の毛が、成長していて成長期(後期)になっているのでその毛に対して照射すると効果が出ます。

そのように照射を数ヶ月繰り返すことでようやく人間の見た目にも効果を実感できるというわけです。

この間、通常であれば3、4ヶ月で照射も3、4回して効果が感じられるはずです。
太い毛や濃い毛が減って全体的に産毛のような感じになってきたら、レーザーの出力を上げて仕上げていきます。

全体として全て完了といえるのは目安として1年程度と言われています。

こういったことを理解してないと医療脱毛で数ヶ月やっただけで効果がないと勘違いすることもあるので注意が必要です。