img_01

医療脱毛で現在主流となっている方法とは

露出が多いシーズンになると自分で毛抜きやカミソリを使って処理することが多いとは思いますが、そういったことは皮膚のトラブルを起こしがちです。

そういう時は医療脱毛がおすすめです。

脱毛にはいろいろな種類があって、針脱毛や光脱毛、レーザー脱毛などが有名です。
医療機関ではこういった治療方法はすべてできるところが多いのですが、もっとも頻繁に行われている医療脱毛というとレーザー脱毛が現在主流となっています。施術はどの程度行うのかというと大体1ヶ月に1回程度繰り返していき、人によって個人差はありますが、半年から1年ぐらいでかなり効果が出てきます。また、こういったレーザー脱毛はデリケートな部分や痛みに弱い方などは麻酔なども用意されていて、痛みを軽減することができます。

多くの情報の中から東京銀座の脱毛クリニックを選びました。

レーザーでの脱毛は比較的、施術が早く行うことができます。

部位によってもちろん時間は違うのですが、脇の場合だと大体5分程度で終わることが多いです。

まず、医療脱毛に行く前に自分で毛を抜いてから行くことはやめましょう。


照射しても効果が出る毛が無くなってしまうので、脱毛の効果が落ちてしまいます。


あと夏場に脱毛したい方が多いと思いますが、脱毛したい部分に日焼けをしたままだと施術が受けられないことがあるので注意が必要です。
脱毛する方はこういった基礎的な知識を最初に知った上で手術を受けるようにした方が良いでしょう。

後でトラブルや誤解が生まれないように、どのような効果が生まれて施術の期間がどのくらい必要なのかを十分理解しておきましょう。